屋根リフォーム 雨漏り修理 屋根葺き替えは愛知岐阜の石井角弘商店へ 合資会社 石井角弘商店

屋根に関する事ならどんなことでもお問い合わせください

0120-82-1459

ブログ

2015/11/25

棟漆喰塗り替え工事 犬山市

棟漆喰の塗り替えを犬山市内にて行っております。

何度も重ね塗りされた結果、瓦の面まで漆喰が前に出てきています。

DSC_2750_00003

最後に塗られた漆喰が剥がれ落ち、屋根は漆喰の欠片でいっぱいです

DSC_2758_00010

重ね塗りされた漆喰を全て撤去します。

DSC_2756_00008

びっしり塗られた漆喰

DSC_2757_00009

塗られた漆喰を剥がすと、こんなに沢山塗りこまれています。

2015/11/19

~壁部 雨漏り瓦屋根修理 小牧~

小牧市にて瓦屋根の雨漏り修理を行いました。

壁部の瓦納めが悪かった為に雨漏りを起こしていました。

DSC_2567_00001

工事前の壁部

この状態では何が雨漏り原因かわかりにくいと思いますが、瓦屋さんなら見ればわかるはず!

この様な状態で無知の方が行う修理方法。

DSCF9674

シリコンで瓦の隙間という隙間を埋め尽くす。

悪化します・・・。

DSC_2571_00005

のし積みされた壁部を撤去してみると、瓦の納めに異状ありです。

必ず下の瓦は上の瓦より切断幅が大きくないといけません。

DSC_2575_00009

瓦を一時撤去し瓦の順番を入れ替えた後、万が一漏水した場合に備えて捨て水切りを取り付けます。

そして、屋根用の水をはじくモルタルにて処理を行います。

DSC_2580_00012

最後に雨水が侵入しない位置まで雨押さえを取り付けて完了です。

 

2015/11/04

犬山市 雨漏り棟積直し工事

犬山市にて雨漏り屋根修理 棟の積直し工事を行いました。

新築にも関わらず数年で漆喰が変色してしまった為、漆喰工事を行ったそうです。

しかし、5年も経たないうちにまた変色したため、新築時の施工について疑問があったそうです。

DSC_2476_00002

実際に棟部を見てみると、捲る前からのし勾配が無いのが分かります・・・。

DSC_2508_00016

断面で見てみると、1段目の瓦に角度が無いのが分かると思います。

この様な角度で隅棟を施工されていると、雨水が隅棟部の内部の屋根土に浸透しやすくなってしまう為、ゆっくり屋根土を湿らせて棟部の内部へ雨水が回ってしまったのではないかと考えます。

2015/10/29

雨漏り修理 屋根からシロアリ大量発生・・・。

隅棟部からの雨漏り修理を行いました。

DSC_2400_00010

今回の工事は、瓦の施工による不具合によって雨漏りを起こしていましたが、シロアリによる被害も深刻な状態でした。

雨漏りの原因は、隅棟部と下り棟部の取り合いの不具合とのし瓦の勾配が緩やかであったために雨漏りを起こしたのではないかと感じました。

実際に隅棟部と下り棟を捲ってみると、屋根土は濡れている状態で常に湿っている状態であったと考えられます。

棟部の撤去中に屋根土の中から大量のシロアリが現れました・・・。

DSC_2408_00014

屋根土にシロアリが・・・。

DSC_2413_00016

下から屋根に上がってきたのでしょうか。

DSC_2426_00022

捲れば捲るほど出てきます。

薬品を用いてシロアリを除去し、シロアリによって食べられてしまった躯体の補強を行った後、棟部の復旧を行いました。

DSC_2436_00029

DSC_2439_00030

改めて屋根の定期点検の必要性を感じた屋根補修工事でした。

2015/09/04

~岐阜県 各務原市 瓦修理~

本日は、岐阜県 各務原市にて屋根瓦の修理を行ってます。

棟部の漆喰が雨風により剥がれ落ち、中の屋根土まで流されている状態でした。

屋根土の劣化が進んでおり、棟下の切断してある瓦も固定されていない為、数枚の瓦が屋根から地上へ落下していました。

DSC_2043

工事前の隅棟状態

DSC_2051

棟土が流されて空洞になっている状態

 

DSC_2053

冠瓦の固定釘が浮いている状態

釘も手で抜ける程の状態なので、大きな台風が来た際には屋根から落下の恐れがあります。

 

DSC_2056

冠瓦撤去時

この様な状態では、雨風によって瓦の内部へ雨水が侵入してしまいます。

4 / 41234